女子SP滑走順決まる、紀平梨花は40人中39番目に登場、最終滑走はザギトワ

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート世界選手権(20日開幕、さいたまスーパーアリーナ)の女子ショートプログラム(SP、20日)の滑走順抽選が19日に行われ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に初出場初優勝を狙う紀平梨花(関大KFSC)は、40選手中39番目の滑走となった。午後8時43分に登場予定。

 全日本女王の坂本花織(シスメックス)は最終組トップの35番目、宮原知子(関大)は37番目に滑る。平昌五輪を制したアリーナ・ザギトワ(ロシア)が最終滑走の40番目、エフゲニア・メドベージェワ(同)は38番目に登場する。

◆最終第7組滑走順と滑走予定時間◆

35番 後8時18分20 坂本花織(シスメックス)

36番 後8時24分40 ブラディー・テネル(米国)

37番 後8時31分00 宮原知子(関大)

38番 後8時37分20 エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)

39番 後8時43分40 紀平梨花(関大KFSC)

20番 後8時50分00 アリーナ・ザギトワ(ロシア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA