紀平梨花「笑顔で終える!」国別対抗戦 日本フィギュア“平成ラスト舞”

デイリースポーツによると。

 フィギュアスケートの団体戦・世界国別対抗戦(4月11日開幕、福岡)の日本代表発表会見が25日、行われ、男子は宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=、田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=、女子は紀平梨花(16)=関大KFSC=、坂本花織(18)=シスメックス=らが選出された。今季右足首の負傷を抱えてきた五輪王者の羽生結弦(24)=ANA=は、怪我のため欠場した。

 5月の改元を前に、日本勢にとっては平成という時代を締めくくる演技となる。前日まで行われていた世界選手権で惜しくも4位に終わった紀平は「笑顔で終える!」と、目標を掲げた。「今季はずっと『笑顔』をテーマにしてきたんですが、世界選手権は笑顔だったかもしれないけど、本当の笑顔ではなかった。ちょっと微妙な笑顔だったので、今度は本当の笑顔で終わりたい」と、力を込めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA